結婚式招待状返信方法

結婚式の招待状が届いたときに返信ハガキが同封されていますよね。

スポンサードリンク

この返信用ハガキで結婚式に出席するのかしないのか返事をしなければなりません。

招待状の返信ハガキを出すということは招待状を受取った側のマナーです。

結婚式の招待状の返信ハガキの書き方について紹介しましょう。

まずは敬語を消します。

招待状には『お名前』『住所』『御』『お』など受取る側に対する敬語が記入されています。

この敬語は返信する際に斜線、または二重線で必ず消しましょう。

間違っても修正液や塗りつぶす...なんてことは社会人として恥ずかしい行為ですから注意しましょう。

結婚式に出席する場合はできるだけ早く返信ハガキを出しましょう。

結婚式に出席できない場合はあまり早く返信ハガキを出さない方がいいですね。

結婚式の招待状の返信ハガキで敬語を消すときには斜線、二重線などを引き消す人が多いですよね。

少しオシャレな消し方があるのをご存知ですか?

結婚式の招待状の返信ハガキに受け取る側に対する敬語の『御』『お』という文字を斜線や二重線で消さなければなりませんが、『寿』という文字で消すこともあります。

これは年配の人がよく使うですが、この場合は黒のインクで消すよりも赤のインクで『寿』と書いて消すとお祝いという感じがしますよね。

しかし基本は黒インクですから間違ってもピンク、グレーなどはやめておきましょう。

また、返信ハガキの余白に出席の場合は招待してくれたことへのお礼のメッセージ、祝福のメッセージを添えておくのもいいですね。

欠席の場合は欠席の理由をきちんと記入しておきましょう。

ここで注意する点は欠席の理由を正直に書いてしまうと良くない場合もありますから曖昧な書き方の方が良いときもありますよ。

この記事のタグ

サイト内関連記事

結婚式招待状返信仕方
結婚式の招待状が届いたら返信ハガキに出席をするのかしないのかを記入し、返信します......
結婚式招待状の返信ハガキの書き方
結婚式の招待状が届いたら返信ハガキを送ります。 この返信ハガキの書き方について紹......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ウェディング情報サイト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kekkonblog.net/wedding/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。