結納の基本的知識を身に付けましょう

結婚式を行う前に結納を行いますね。

スポンサードリンク

結納は地域によって多少異なりますが、結納はどんな形で行われるのでしょう。

結納について紹介しましょう。

結納の本格的な形は仲人が男性家で結納品を受け取り女性家に納めます。

女性家では祝い膳を行い仲人に結納返しを預けます。

今度は仲人が男性家に納めるようになります。

結納品は一般的に両家が同じ数に揃えるようになっています。

事前に両家で話し合い何品目にするか相談するようにしましょう。

省略した数の結納品を送る場合があるのですが目録は省略せずにそのままです。

結納の際の飾り台は、複数代という仕来りの地域もあります。

地域や住宅事情によって1台で済ませてしまうことが多いようですよ。

ここで略式結納について説明しましょう。

略式結納とは女性側の自宅、料亭、ホテル、レストラン内の個室を使って両家が一同に会して行うことをいいます。

略式結納では婚約指輪をメインとして行ったり、結納品は略式品目で行ったり...略式結納のスタイルは様々ですね。


最近では式場やホテルで略式結納がパックになっているケースもありますから便利ですよね。

また結納品を用意し、レストランで結納を行った場合でも略式結納の扱いになります。

食事会の場合は結納品の交換をしなくても問題ありませんよ。
<
結納は基本的に地域によってやり方など様々ですから両家での話し合いが重要となってきます。

結納は地域だけではなく、両家での仕来りが異なることもあり話し合いで解決しない場合もあります。

そんなときは地域の仕来りを優先するほうがいいでしょう。

仕来りなどにこだわらない場合は男性側に合わせるのが一般的となっています。


結納品で一般的とされているものをいくつか挙げてみましょう。

①婚約指輪

婚約指輪は一般的に男性側が用意します。

②腕時計・洋服など
腕時計や洋服などは婚約指輪の半額程度のものを贈る場合が多いですね。

③結納返し
結納返しは記念品としてデジタルカメラ・実用品・家電などを贈られる場合が多いですね。
結納返しは女性側が贈りますが、必ずしなければならないということではありません。

結納を略式にするのか、それとも本格的にするのかは新郎新婦で決めないようにしましょう。

略式結納にされる方が多くなりましたが、知識は把握しておくほうがいいですよね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

結婚式の日取りを決めましょう
結婚式の準備でまず初めにすることは日取りの設定ですよね。 結婚式に人気の季節があ......
仲人の依頼ってどうすればいいのでしょう
結婚式をする前に仲人を決めなければなりません。 仲人の依頼をするときにはどのよう......
婚姻届は結婚準備には欠かせません!
結婚をするときに欠かせないのが婚姻届ですよね。 婚姻届を提出するタイミングは皆さ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ウェディング情報サイト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kekkonblog.net/wedding/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。