結婚準備の前に結婚費用を調べておきましょう

結婚式をするのに一体どのくらいの費用がかかるのでしょう。

スポンサードリンク

結婚式場に訪れたときに一番初めに受取るのが概算見積です。


概算見積は実際にかかる費用とは大きく異なりますから参考程度に考えていた方がいいですね。

結婚式場によって見積りの仕方は異なりますが希望にそって見積もりを計算してくれたり、50人の場合や100人の場合と大体の予算を説明してくれるところもあります。

見積もりを計算するのは話を進めていきながら計算してくれることが多いのできちんとした見積もりを出してくれます。

しかし結婚式の見積もりは最初に出してもらった金額が最低金額と思うことが妥当です。

最初にもらう見積もり金額は最低限度の費用しか含まれていませんからオプション費用などプラスされていく費用が嵩めば嵩むほど当然、費用はかかりますね。

雑誌やサイトで紹介されている金額は参考程度に思うようにしましょう。


このように最低限度の費用と言われると節約できるんじゃないと思う人もいらっしゃるでしょう。

しかし結婚式の現状として実際にかかる費用は最低限度の項目プラス、オプション費用、その他たくさんの項目の費用がかかってしまい、これらをプラスしないと通常の結婚式にはならないというのが現状ですね。

一生に一度の結婚式ですから、費用をかけて華やかに式を挙げたいという方も多いでしょう。

事前に結婚式の費用がどのくらい必要なのかを把握することも結婚準備の1つですよね。

結婚式には一体どのくらいの費用が必要なのか大まかですが、紹介しましょう。

結婚式の大まかな目安としてホテル、結婚式場で結婚式を行った場合1人あたり4~5万円程度で70人の場合は280万~350万円が一般的な費用ということになります。

さらにオプション費用と追加サービスは重要なポイントですね。

シャンパンタワーや鏡開き、ゴンドラなどの演出サービス...

一生に一回の結婚式ですから追加したくなりますよね。

またお気に入りのケーキ屋さんで特別にケーキを発注したり、引き出物を豪華にしたり...

こんなことをしてこんな風な結婚式にしたい!という気持ちがどんどん膨らんでしまいますね。

一生に一回の結婚式だからと言ってオプションを追加してしまうと100万円前後の差はみるみる内に出てきます。

300万円と330万円、30万円くらいの差ならいいだろう...なんて思ってオプションを追加していると大変なことになってしまいます。

結婚式の費用は全体の費用を把握した上で、決めることが重要なポイントですね。

式場のプランや担当の方に相談しながら決めることをオススメします。

一般的な金額を紹介しましたが、式場などによって変わってきますので参考程度に頭の片隅においていただけるといいのではないでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

結婚準備&結婚式の節約術!!
結婚式ってけっこう費用がかかってしまいますよね。 できることなら最小限に抑えたい......
結婚式の引き出物の金額と相場を知っておきましょう
結婚式に出席したときに引き出物を受取りますよね。 結婚式に参列していただいた方へ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ウェディング情報サイト:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kekkonblog.net/wedding/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。